21 こそっと 自主練

ゴルフ練習場

めずらしくゴルフのない週末を過ごしています。ウォーキングと昼からお酒を飲める幸せを感じています。

のんびり振り返ると、もう少し寝るとお正月。月例競技会もBクラスからの脱出はならずに2020年を迎えそうです。仕方ないから、来年の目標に持ち越しです。あっさりと!

最近はゴルフ練習場に行く機会も減少し、ゴルフ個人レッスンも受けていないので、自然とスコアがアップすることは、やはりないみたいです。見込みがあるとすると、ウォーキングを再開したことで、18ホール持つ体力を回復しそうな事。プラス、ゴルフとは関係ないですが、お腹がすっきりしてきた事は大切です。継続できそうな気がします。

そうなると、あとは練習場での、こそ練ですね。しばらくぶりに再開しようと思います。こちらは帰社後または、週末の空いている日になるので、週に行けて3日で、目標としては、週2日は最低、練習に行くという決め事ですね。頑張ります。

オンラインコンテンツ「ピタゴル」の分析・効能も兼ねて自分のスィングが理論的になり、かつスコアアップにつながるか?否かの検証も兼ねて練習してみようと思います。まずは、3人の先生がいるので、どの先生に決めるかですね。

少し内容を見てみて自分が、納得できそうなレッスンか確かめて、そして自分の体形とか体力とか、いろんな要素で当てはめてレッスンプロを決めると良いですかね。決めたら、ある程度は継続しないと、今までの癖も抜けないし、反対にスコアダウンすると思われます。以前、本番で、少し試しましたが、その場しのぎでは、ひどい目にあいます。ドライバーからパターまで、一人の先生のレッスンで決まりです。

僕は、シンプルなイメージでないと力みやすいので、今回は「長本プロ」のレッスンに決めてある程度継続して行くつもりです。決め手はボーリング。ボーリングは、学生の頃よく遊んだので、得意分野に入ります。理由はそれだけで、ボーリングドリルが基礎になるので、セレクトしました。上手に出来るようになれば、周りの人に自慢しよう!まずは、ボーリングからと!

ボーリングと言えば、甥っ子たち(小学2年生と5年生)とは年に2回ほど、負けられない戦いがあるので、大人げなく勝ちに行きます。小学2年の方に負ける可能性があるのですが、それは、なんと小学4年生まではガーターレーンの防御壁がせせりあがってくるからです。もうびっくりして、感心しました。進化しているのですね、ハード面・ソフト面で。スコアの記入も、自動ですし、勝手に投影されています。スコアが悪いと、恥ずかしい思いをします。そこは、ゴルフと一緒ですね。

昔は、鉛筆で記入してたことが懐かしいです。自分で足し算もしていました。暗算の力が皆さん落ちないか心配ですね。日本人のすごいところ。みんな字が読めて、数字にも強いところ。大丈夫でしょうかね?全てが自動化で、脳軟化するのではと心配です。

そう思いながらも、携帯に話しかけています。OK,グーグル。やばいな。

簡単すぎる。昔は、都内の良く使う道は、一方通行も含めて覚えていたのに。最近できた道路は、完全に覚えていません。ナビどおり。

なにか、色々、考えて行動しよう。自分で解決しないとね。老化が早まるよ。

< プレミア12 日本優勝 に続く >

PC用プロフィール画像
SP用プロフィール画像