30 2月なのに、ハイシーズン!

白戸イメージ

皆様、寒いですね。いや、そうでもないかな!

でも、ゴルフシーズンインは4月以降かなと思いましたが、予定が次々に入ります。早くもハイシーズン並みのスケジュールになります。飲み屋の大将シリーズも加わりました。あいつら、飛ぶんだよね。

自分で料理屋をやっている人は、凝り性なので上達も早いし、そもそもの腕っぷしが強いので、やたらと飛びますよね。あと、妙にマニアックなので、自分のスィングを自慢して見せてきます。まー、変な自信があるようですね。「いいでしょう!どうですか?僕のスィング」。。どうでもいいです。

お仕事もまじめにやろうと思い、月に2回くらいに止めておこうと誓いましたが、2か月持ちませんでした。毅然と断らないとダメかな。

しかし、やる以上は、ベストスコアを狙って頑張ろう!3月まで更新したいなぁ。「80」最近のゴルフは、期待し過ぎなのか、気力が続きません。4,5ホール集中して頑張ると、全体的に疲れが出てきて、「あー、打っちゃった。」少し落ち着いて、考えてやろうよと、自分に言い聞かせても、気力が持ちません。

お酒の飲みすぎも、気力維持の大敵かもです。ラウンドの2日前からお酒は一杯に減らして、ラウンド中は、禁酒にしよう。

沖縄で調子が維持できたのは、なんといっても「スルーラウンド」だからです。崩れかけても、持ち直せます。そもそも、私は、お酒に負けるタイプで、間違いなくお酒に弱い遺伝子を持っていると思います。日本スタイルで、お昼に飲んだらだめですよね。自宅に着いてから、夜飲めばいいのよ!

そうだ、アルコールに強いか、遺伝子調べてみようかな!きっと、ダメな方だな。

結果も報告しますよ。病院で調べるのかしらね?それを、まずは調べよう。

自社のコンテンツでスィング診断を、プロの協力を取り付けて開始します。アンケート調査の結果、スィング診断&アドバイスには、7割程度のゴルファーが試してもいいとアンサーがあり、ニーズを感じています。

特に男性は、習い事が嫌いで自己流にハマっていく人が多いので、分析してもらいたいニーズが出てくるのだと思います。自己流の限界もすぐに来ますね。確かに、僕も、3か月に一度くらいならお金をかけてスィング診断と、その治療法(練習の仕方)を、プロから教えてもらえば悩みが少なくなる気はします。練習場で周りのゴルファーのスィングを見て、「ありゃダメだなぁ?」とか思いますが、多分、自分も不格好なスィングをして、同じように思われていますよね。プロとかに指導してもらって、方向性が定まらないと変わりませんよね。

恰好がいいゴルファーは、ボールも素直にまっすぐ、ギアの性能通りに飛んでいますしね。

イメージは、フィル・ミケルソンがいいなと思っていましたが、やはり女子プロがいいですね。白戸由香プロに変えよう。力みのない、スムーズなスィングで且つ、飛距離も十分出ていました。

また、ラウンド、お願いします。

< 麻雀卒業! に続く >

PC用プロフィール画像
SP用プロフィール画像