7 クラブ セッティング

白戸由香プロ

今年の梅雨は、長かったですね。日本古来の梅雨というよりは、じめじめ感がレベルアップしたように感じて、10年後は、どうなつてますかね??もっと湿気が上がり、気温も上がっていくと想像できないつらさになるかもです。北に引っ越すかな。。

ゴルフの撮影も延々と続いており、キャンセルになったり、少雨予報位では、強行したりと中々、順調というわけにはいきません。

その雨の降る中で、撮影をしていて、プロのキャディーバッグをのぞいてみると、クラブセッティングは、ドライバー1本、3番ウッド1本、3~9番アイアンそして、ピッチングウェッジ、サンドウェッジと、拝見した限りでは、20年前のセッティングみたいなラインナップです。アプローチも「ピッチショット、ピッチエンドラン、ランニングアプローチはすべて、サンドウェッジを使用しています」との事で、へーーーと感心してみていました。おまけに言うと、そのサンドウェッジも錆びていて、少しビビります。しかし、素振りもほぼ、せずに放ったアプローチは、距離感も良く、言われた種類のアプローチとなって飛んでいきました。。上がったり、転がったり、それはそれは、お見事!

やはり、ホームコースでも男性のお年寄りは、愛着があるのか?古くて、錆びてて、かつ重たくて、と言ったクラブを大事に使っている方が多く見受けます。そして、上手なゴルファーに多いですね。

僕は、まず、ドライバーはキャロウェイ「ローグ」昨年から使用しています。純正のシャフトSpeeder EVOLUTION(S)です。お気に入りです。

フェアウェイウッドは苦手なので、ここぞの場合用に、3番ウッドを1本。これもキャロウェイでXHOT、リシャフトしてDiamanaが刺さっています。確率は低いのですが、当たれば220ヤード程度は飛んでいきます。

ユーティリティはXXIO9です。これもリシャフトをしていて、FujikuraのRombax(R)。4番5番6番と3本入っています。

アイアンは、6番からピッチングまでXXIO9純正カーボンシャフト(S)。

ウェッジは3本、fourteenの48度、53度N.S.PRO。そして最近買い足した60度のドルフィン。ロフト角60度は距離が出なすぎで最近は53度の方を、多用しています。

最後にパター。大切ですよね。テーラーメードの赤Spider。ショートめのパットが多い僕には、最後のひと伸びがあり、助かります。同じパターばかりだと調子も悪くなるので予備でもう一本、スコッティキャメロンのNewport。こちらは、デカグリップに変えたのでウェイトを重いのに変更しました。レッスンプロ曰く「バランスがめちゃくちゃ悪い」と言われて変更。確かにヘッドが軽すぎで、手打ちになりやすくなっていました。

セッティングとしては気に入っているので、このままのラインナップで、修理・微調整しながら長く使おうと思います。

イチローの話を聞いたりしていると、大変大事に道具を使っていて、まねをして、クラブを磨いたりすると、上手になった気がしてきます。親しみがわいて可愛く思えるほど、長く一緒に頑張ろう!私の道具。。

<ハンデキャップ に続く>

PC用プロフィール画像
SP用プロフィール画像