11 リシャフト

リシャフト

公私共々、ゴルフに掛かるエンゲル係数が、多い我が家において、ここにきて嫁がギアに,こだわりだしました。ウエッジを多く入れるといい、新しいドライバーはここのかな、パターはやっぱりpingでしょう。どこで聞いてくるんだか。

そうなると、拍車もかかり、女子力アップのためにグリップの変更。バラエティ色に富んでます。基本は、ドライバーの交換及びアイアンの増加。もちろん全てのクラブのリシャフト。それはレッスンプロにはめられた気もしますが、何しろ本人(旦那も)が知識がないので、ほぼ言いなり状態。
えー、全部で○○万円になります。えーーー。あ、リシャフト、できたってお店から電話があったみたい。

確かに、道具で飛距離は変わります。でも、ボールの飛ぶ方向は同じで、その分、林の奥まで飛んでいきます。気持ちの持ち様は同じなので、結果、スコアは悪化します。まずは、林の中からグリーンの方向に思い切りマン振りで、さらに奥地に到達し、最終的にはOBラインを越えて、戦意喪失と。ここまでくると、広いところを目指して横とか後ろに、やっと狙いを変えて、出すようになります。5打ほどは損しています。
ベテランの上手なメンバーさんから頂いたアドバイスは、「木製のパーシモンとかの時代じゃないから、ボールをたたくのではなく一定のリズムでゆっくり振りましょう!」と。「そういうスィングをすると曲がらないし、もっとよく飛ぶようになりますよと。女子プロを見てるとわかるけど、皆さん、ゆっくり降るでしょう」と。おしゃる通りですよね。

今回、嫁のリシャフトしたクラブは活躍はしたようで、満足した雰囲気は出ています。2,3回しか使っていないので、全体的な影響は、僅かですが、「使うクラブが無いわ」と騒いでいたホールで使用してワンオンしたり、林の中から低い球が打てたようです。まずは、よかったですね。

ホールアウト後は、夫婦2人で同じような散々な戦績なので、帰りの車中は静かです。行きは、意気揚々と前向きな話をしていますが、帰りは「もう嫌になっちゃう。やめたくなるね」「昨日の練習ラウンドは、パターがいっぱい入ったのに。。」「次があるよ!」「また次か。」無言。。「夕食何食べる?」「作りたくない。」無言。。「寿司屋に行くかな!」「やったー。」この繰り返しが多いです。なぜか成績が悪いほど、飲み屋は高級になる傾向があります。エンゲル係数がまた上がります!

<ラグビーWorld Cup 続く>

PC用プロフィール画像
SP用プロフィール画像