10 ミニゴルフ旅行

ザリガニ

我が家は、夫婦2人でたまにゴルフツァーを企画し旅に行きます。2人とも運転好きなので、東京からマイカーで青森までドライブしてフェリーで北海道に渡り、まずは函館で酒を飲んで、そして次の日から道内を移動しながら3~4ラウンドして温泉に泊まりつつ、お酒、ラウンド、お酒、ラウンドと繰り返して、年に2,3回観光をします。例えば余市のニッカウィスキー工場見学とか、登別のクマ牧場とか、ハードな8日間程度のゴルフ旅です。

今年は、忙しいので長期間のお休みは返上して1泊2日2ラウンドなるミニツァー夫婦ゴルフ旅にしようと先日挑戦してきました。

過去に行った2日間のツァーでは、栃木県那須のホウライカントリー倶楽部・西那須野カントリー倶楽部の難関コース、人気もあります。那須高原は良く行くのですが、ジョイアミーアという人気のイタリアンがあり、そちらは毎回予定に組み込まれます。ことらでは、かみなり警報で途中で中止になったり、びっくりするほどの豪雨に当たったりいろんな経験をさせてもらっています。

昨年は、石川県輪島の能登ゴルフ倶楽部、ザ・カントリークラブ・能登と2コースラウンドしました。有名なコースではないと思いますが、眺めは抜群に良くてかつ、タフなコースでした。初めてのプレイヤーは難しいと思います。おまけに、前日の豪雨で(ここも)フェアウェイが池に様変わりしていて、落としどこが本当に狭くなり大変でした。

地方のゴルフコースは、やはり土地が広いので、距離が十分にあったり、高低差を付けたりしていて、ホームコースが平坦な我が家夫婦にとっては、苦戦することが多く、口喧嘩も絶えないのですが、やはり、違う地域に行って、初めてのゴルフ場だと面白くて、最終的には、おいしいご飯も含めて、楽しい事しか覚えてはいませんね。

今年の夏は、撮影でお世話になっている那須小川ゴルフクラブ烏山城カントリークラブに、いそいそとお出かけしました。なんと9月に行きましたが、今年度の最高温度の日が那須小川ゴルフクラブにあたり、元気のいい嫁ですが、さすがに朝4時起きと厚さでギブアップになり、残り5ホールはアプローチの練習のような状態でした。。電動カートで手動運転に切り替えれないので、最後まで前の組に付いていくしかなくて、早く休ませたかったのですが、仕方はありません。その晩は、お泊りは烏山城CCホテルに移動して、焼肉セットです。ご飯・酒好きの嫁は、これでご機嫌よくなります。「前泊3食付き1ラウンド焼肉プラン」は、それなりのお値段ですが、お肉はおいしくてボリュームもあり満足します。お部屋は、眺めも素晴らしくて、翌日のゴルフに対するモチベーションは、最高に達します。2021年の日本女子オープンゴルフ選手権の開催も決まったみたいで、同一ゴルフ場で3回目の開催は、初だそうです。なるほど、タフですし、グリーンもスピードが出て且つ、ラフはきついです。入れてはいけないという事が、よく判りました。状況によると思いますが、打てるクラブで欲張らないことが重要ですね。欲張りには大変ですね。。スコア的には、あまりいつもと変わりませんが、心地よい疲労感を感じました。

20、30年前は、男4人で北海道とか沖縄、那須、河口湖周辺とかに、ゴルフ旅行にお出かけしました。お酒を飲んで、麻雀して1日1.5ラウンドしたりと大変でしたが、いい思い出です。今、そんなハードな旅行をしたら、両足ともに攣るね。。

少しでも長く楽しむために、ウォーキングとかストレッチをして健康維持に頑張るつもりです。最近の同級生を見ていると女子の方が、旦那さんを見捨てて、旅行に行っている気がします。時代は変わりましたね。

男旅行も楽しいので、復活させたいものです。

<リシャフト に続く>

PC用プロフィール画像
SP用プロフィール画像